保険の見直しで節約術!

生命保険ほど、勘違いして入りやすい高額商品は他に類を見ません。日本では特に保険勧誘のおねえさまの言われるがままに加入している人が多いと思います。日本人は保険大好きですからね。
ハッキリ言って無駄多すぎ!

可哀想なのが私と同期で高卒入社のA君。A君は入社して間もなく保険屋のおねえさまの「社会人になったら入るもの」というセリフにひっかかり入った保険はなんと超高額!その分手厚いんですけどね・・・。というわけでなんと彼の上司が出てきてこんな高い保険に入らせるとは何事だ!とクレームを言い、一件落着したという事件がありました。

私もよく提案書を貰うんですけど、重複部分の多いのなんの!三大成人病特約やら、再発三大成人病特約やら、がん特約やらなど全部似たようなオプションを付けられまくってガンガン値段吊り上げられてます。これじゃあ、何が必要で不要か分かり辛いですよね。内容も複雑で分かり辛いし・・・。

というわけでここでは保険の節約術について学んでみたいと思います。

人生における三大出費って何だか知ってますか?

「住居費・教育費・保険料」です。

生命保険は、人生の中で持ち家の次に値段の高い商品と言われています。そんな高額なものを月払いというマジックにより高額商品という感じがしなくなってしますのです。


 生命保険は、 「若い頃から入ったほうが、保険料が安くなる」だの 「重い病気になったら、高額な治療費が必要になるから」だの 、「社会人になったら、生命保険は入るもの」だのと保険のおねえさまに言われ、A君のように良く分からないまま加入した人が多いのではないでしょうか?
 
保険会社はある客には勝たせるが、多くのお客さんを入らせることによってリスクを分散して儲けているわけです。パチンコ屋に似てますね。あんなにも保険のおねえさま達が大量に会社に派遣されているわけです。
そんな親元が儲けてる事業、よく調べる必要があるじゃん!と思った私が調べた結果、
 私の考えからすると、貯蓄をきちんとしてれば生命保険の大部分は必要ないと思います。

 

ただし将来自分の身に身体的なダメージを受け、経済的な障害が発生したときに備えておくものなので、入るなら良く吟味するべきである。と思います。

実は私たちの払っている年金の中に保険と同じような役割を果たしてくれる制度があるのです!

 

それは、「遺族年金」と呼ばれるものです。

あなたが定年を迎えるまで死亡した場合は、あなたの家族には遺族年金が支払われるのです。これは生命保険の「死亡保険」とほぼ同じです。

遺族基礎年金

国民年金では、遺族基礎年金が家族に支給されます。しかし支給資格は「18歳到達年度末までの子を持つ妻」です。子供がいない場合や、妻に先立たれた夫は貰えないので注意してください。末っ子が18歳になるとその年度末で支給は打ち切りとなります。また再婚したら打ち切られます。

遺族厚生年金

サラリーマンの場合は、国民年金にプラスして厚生年金に加入しているため、「遺族厚生年金」がプラスされます。受給資格も国民年金よりゆるく、子供がいなくても、シングルでもOK。18歳となり、遺族基礎年金を打ち切られても、40歳から中高齢寡婦加算がもらえます。夫の場合も、妻が死亡した場合、55歳以上、年収850万円以下の場合は支給される。また遺族厚生年金の場合、再婚しない限り一生年金をもらえます。

死亡退職金

会社次第であるが、サラリーマンの場合は退職金を同じように、死亡の場合も死亡退職金が支払われる。当然長く勤めた人、給料が高い人ほど給付金は高くなる
 その他、労災保険や互助会からの見舞金、会社によっては遺児育英年金なども支払われることもあるので、自分の会社の制度を良く調べておきましょう。

 

特定疾患の医療費助成

原因不明で、治療方法が未確立の治療の場合、医療費を国、自治体が全額負担してくれるものがあります。
 また、子供特有の難病にも、助成制度がありますので、保健所、病院などに問い合わせてみましょう。

住宅ローンが残ってしまった場合・・・

住宅を購入して、住宅ローンが残っている場合でも大抵のローンでは、ローンを組むときに団体信用保険に加入しています。もし団体信用保険加入者が死亡しても、残りのローンは保険で支払われるため、家や住む場所がなくなる事はありません。

と、ざっと調べただけでもこれだけありました。
これらにプラスする感じで掛け捨ての保険と高額医療のがん保険に加入すれば十分なのではないでしょうか?

後は払うはずの保険料を貯金すれば、ほぼ問題はないはず!

 

こちらのサイトではFP(ファイナンシャルプランナー)の方が無料で生命保険の見直し相談を行ってくれます。
自分の生命保険を見直してみたい方は、訪れてみてはいかがでしょうか?

Click Here!
こちらのサイトでは各種保険商品の見積もりや資料請求を行うことができます。
いちいち出歩いたりせずに比較できるなんて便利なサイトができたもんですよね。
Click Here!
こちらのサイトでは生命保険に特化して各社のパンフレットを無料で請求できます。
特に無駄が多いのが生命保険ですので、各社のパンフレットを比べてみるのもよいと
思います。
Click Here!
わかりづらい生命保険等を比べて選ぶ人のためのサイト!全て無料で利用できます。「生命保険等一括資料請求サービス」では、有名9社最大約40商品の特徴ある保険の資料を取り寄せできます。健康保険法改正に伴う医療費負担の増加に備え、充実した内容の保険から家計にやさしい保険までいろいろ選んで納得行くまでじっくり検討することができます。インズウェブは保険代理店ではありませんので、特定の保険をおすすめすることはありません。
こんな保険あったの!?必見♪知って得する生命保険
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO